訪問者別メニュー

留学体験談

船橋真吾さん Shingo FUNAHASHI
Engineering Materials / Master of Philosophy
留学期間: 2007年8月〜2009年9月

第2回 大学生活について

peace garden

はじめまして。シェフィールド大学で材料工学を専攻している船橋と申します。

シェフィールドはロンドンから北に電車で2時間程度離れたイングランド北部の工業都市です。近郊にはマンチェスター、リーズ、ヨークといった観光都市があり、治安も良く暮らしやすい街です。とても緑が多い街なのですが、地元の人に聞いたところ数百年前の貴族が「木を1本切った者は代わりに1本植樹しなくてはならない」という法律をつくったからだそうです。また、市の中心に位置するPeace Gardenは非常に美しい公園で、市民の憩いの場になっています。シェフィールドは非核宣言都市であり、広島の被爆者のことを想いPeace Gardenと名付けられたのだそうです。

海外生活を不安に思う人もいるかと思います。そういう私も初めての海外生活なので、イギリスに来るまでは不安の塊でした。しかし、大学の留学生サポートが充実しているおかげで比較的スムーズに留学生活を始めることができました。8月に参加したInternational Summer Schoolでは語学勉強だけではなく、イギリスの文化、生活の仕方なども教わりました。また、近郊の都市への遠足やサッカー、ドッグレース観戦などのイベントがほぼ毎週のようにあり、イギリス生活に慣れるとともに各国から来た留学生と親交を深めることができました。

10月から大学の講義が始まりましたが、ここではInternational Summer SchoolでAcademic Skillsを徹底的に鍛えてもらったおかげで大した苦労もなく授業についていくことができました。ただし、もし事前に語学研修を受けていなかったらとても授業の内容を理解できなかったと思いますね。それでも語学力はいくらあっても足りることはないので日々勉強が必要ですが。

国際フードフェスティバル終了後

大学ではJapan Societyに加入してたくさんの友人をつくりました。Japan Societyは200人以上で構成されていますが、7割以上がイギリス人です。毎週水曜日にはパブでタンデムラーニングを行い、そこで日本人は英語を、イギリス人は日本語を勉強しています。また、国際フードフェスティバルに出店して巻き寿司や焼きそばを売りながら日本食を紹介する活動もしました。寿司はやっぱり大人気で、飛ぶように売れていきましたね。その他クリスマスパーティなど様々なイベントを通じて日本人はイギリス文化を学び、逆に外国人に対して日本文化を伝える活動を行っています。

アーカイヴ 留学体験談(船橋真吾さん)
 

 

| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.