訪問者別メニュー

出願窓口スタッフによるシェフィールド大学出張レポート

2012年11月 工学部、図書館などキャンパスを訪問しました

シェフィールドの街はトラムが走り、イギリス北部の古き良き街、という印象です。
大学も街の中心部も徒歩圏内にあり、大きなショッピングモールまではトラムで20分ほどの距離。全てのものが身近にある、学生フレンドリーな街です。

シェフィールド大学も、「イギリスの大学」感とコミュニティ感が強い大学でした。留学生課のスタッフが明るかったことも印象に残っています。

シェフィールドの街

シェフィールド大学へついてからは、まず大学についてのプレゼンテーションを聞き、キャンパスツアーへ。5名のノーベル賞受賞者を輩出している大学。

シェフィールド大学 キャンパスツアーへ

Music学部の新しい建物。防音設計です。

Music学部の新しい建物

キャンパス見学 〜図書館

24時間オープンの図書館には"Group Room Booking(ミーティング部屋の予約)"状況が分かるモニターがあり、一目で使用状況がわかります。午後は23時までびっしりと予約が詰まっていることが分かります。これはとても便利ですね。
月曜日の午前中ということで、生徒があふれていました。

キャンパス見学 〜図書館

キャンパス見学 〜Forth Court

エリザベス女王も訪れた事のあるFirth Court内では元NCUK生徒たちの体験談や学校紹介を聞きました。
この建物には分子生物学部、生命工学部も入っていますが、講義だけでなく、国際会議、オペラやコンサートなども行われます。

階段で記念撮影をしました。

キャンパス見学 〜Forth Court

キャンパス見学 〜Paternoster lift

Arts Tower にあるイギリス国内でも貴重な、現在もなお稼働しているpaternoster lift(循環エレベーター)を体験しました。
このエレベーターは、人が乗る箱が連なって、建物内を止まることなく上下に循環しています。乗員は好きな階で乗り降りすることができます。降りるときは、希望階が近づいたら自分でタイミングを測って飛び降りなくてはなりません。
安全上の理由で現在このようなエレベーターは製造されておらず、これは現代もなお稼働する世界でも貴重なエレベーターです。

実際に乗ってみました!スリルがあります。

キャンパス見学 〜Paternoster lift

キャンパス見学 〜Student Union

Student Union(学生会館)は新しくリニューアルオープンしたとの事で、とてもきれいです。
Box Officeでは、キャンパス内のイベントだけでなく、シェフィールドで行われるイベントのチケットも購入可能です。

キャンパス見学 〜Student Union

Engineeringの授業を体験!

その後はEngineering 工学科の"Building Bridges"というグループプロジェクトを行いました。これは全てのEngineering学科生徒がまず始めに行っているグループプロジェクトで、Engineeringの基礎からグループ・ワーク力を見極められるタスクとのこと。
15分間でより高いタワーを造るというタスクですが、ビジネス、法学部生がやってみると計画に時間を要してしまうということで、ただ積み上げることに夢中になる幼稚園児よりも結果が良くないとか。意外で興味深いですね。ちなみに私のチーム中国+日本は1位でした!

Engineeringの授業を体験!

日本出願窓口beo(ビーイーオー)では、このような現地視察や大学との交流を通して、日本からの留学希望者に適切なサポートを提供できるよう努めています。
>シェフィールド大学出願窓口 beo(ビーイーオー)について 

| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.