訪問者別メニュー

ニュース

イギリスビザ申請のルール変更により、ビザ申請書類の準備にお困りの方へ

2009年3月31日の新制度Point-based System導入以降、2010年になっても大きなルール変更や申請手続き方法に変更が加えられており、今後も何段階かに分けての変更が予定されています。

2010年2月22日から、申請の際、ビザレターに代わって「CAS Statement」が必要になりました。 「CAS Statement」は大学側が発行するものですが、新制度がはじまって間もないため、発行が遅れたり、書類に間違いがある可能性があります。 お困りの方は、シェフィールド大学日本出願窓口beo(ビーイーオー)までお問い合わせ下さい。

「CAS Statement」が送られてきていない方へ
今年の9月からの進学をお考えの場合、1日でも早く結果を出してもらうことが、スムーズにビザを取得するためにも重要になります。日本出願窓口beoからシェフィールド大学に直接問い合わせ、発行を催促します。(ご自身で出願手続きされた方も無料です)

「CAS Statement」の内容に不安がある方へ
既にお手元に届いているCAS Statementの内容を日本出願窓口beoにて確認し、問題があればシェフィールド大学へ修正を依頼します。(ご自身で出願手続きされた方も無料です)

その他の書類準備でお困りの方、ビザ申請に不安がある方へ
現在、ビザ申請時に提出が求められる「財政能力証明書(通帳など)」に関して非常に詳細なルールが設けられており、少しでも外れてしまうと申請却下という結果になってしまいます。

・60%以上の方が、審査基準を満たしていない財政能力証明書を提出しています。
・30%以上の方が、記入サンプルを頼りにしてもビザ申請書に誤りを記入しています。
・通帳を含む英語以外の全ての書類に「翻訳証明書付き」英訳が必要です。

お一人でのビザ申請に不安がある方は、日本出願窓口beoのビザ申請サポート(有料)をご利用下さい。
サポートには「翻訳証明書付き」の通帳翻訳サービスが含まれます。
サポートの詳細やイギリスビザ制度の最新情報は、下記のページをご覧下さい。

>イギリスビザ最新情報、基本情報
>イギリスビザ(VISA)申請サポート

| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.